トップ > 院長・スタッフ紹介
院長・スタッフ紹介 院長
世田谷病院長  本間 義春 [ 経歴 ]
1985年  日本獣医畜産大学卒
1987年  日本獣医畜産大学大学院修了
           (現  日本獣医生命科大学)
1995年  日本医科大学大学院研究科卒
           医学博士
本間動物病院
百合丘病院長  本間 麻子 [ 経歴 ]
1986年  北里大学卒
1988年  北里大学大学院修了
顧問
先代院長  本間 春雄
黄金の犬たち
顧問が深くかかわった事件の本です。
先代院長(故本間春雄)は、心筋梗塞のため2014年10月5日他界いたしました。
各方面の方々には大変にお世話になり、感謝いたします。
昭和40年代のベットブームのはじまりとも言われた頃、当時社会問題にもなり、元日の読売新聞の一面にも書かれた「東京畜犬問題」の解決、東京都獣医師会理事を2期務め、日本小動物獣医師会の設立に関わり、伊豆小笠原諸島の自然保護活動を行うなど、その功績は、後世の獣医師に称えられるべきものと思います。
ユニークな点では、東大を優勝させよう会の発足にかかわるなど、とても活動的でした。顧問就任後は、写真(特にタンチョウ鶴)と船旅をこよなく愛し、「読売写真大賞」をはじめ、数々の賞を受賞いたしました。私は、先代のような能力、活動力はないと自覚していますが、動物医療に対する誠実さ、動物を愛する心は負けないよう、先代の遺志を継ぐべく日々努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。


[ 経歴 ]
1943年           日本獣医畜産専門学校卒
                    (現  日本獣医生命科大学)
1972年           東京医科大学研究科卒
                    医学博士
1957〜1997年  本間動物病院院長
1970〜1974年  元東京都獣医師会常務理事
1970〜1974年  元全日本小動物臨床獣医師協議会常務理事
                    (現  日本小動物獣医師会)
1997年〜    本間動物病院顧問
2014.10.5     心筋梗塞のため逝去(享年90)
対象動物
犬・猫・その他小動物
診療体制
当院では、問診、身体検査ののち、必要に応じて、血液、血清検査、心電図検査、レントゲン検査、エコー検査などの諸検査を行い、可能な限り正確な診断を行いつつ、治療にあたっています。
治療はニーズに応じて行い、集中治療が必要な場合は、ICUユニットを使用し、点滴、輸血などを施すことで、治癒、回復率を向上させます。
手術に関しては、2017年に最新の麻酔器と人工呼吸器を導入しました。現在使用中の麻酔モニターとの併用で、より手術のリスクをへらすことができました。
さらに、電気メスや炭酸ガスレーザーを用いることによって、より安全かつ確実な手術が行えるようになりました。
内科部門では、積極的に新薬を取り入れながらも、その使用には十分な副作用情報の収集や、関係各位との慎重な検討を重ねたうえで使用に踏み切るようにしています。 
二次診療
診断、治療の困難な疾患に関しては、大学病院や高度医療センター、専門医をご紹介するようにしています。
夜間、休日診療、年末年始の診療について
夜間(19:00〜22:00)、深夜(22:00〜6:00)、早朝診療(6:00〜9:00)については、お電話によるご予約を頂き、可能な限り対応いたします。
昼間とは診療料金が異なりますのでご了承ください。(夜間、早朝診察料2000円、深夜診察料5000円の他に注射料などの治療費が別途加算されます。往診料金も別途加算となります)
日曜日は継続診療、急患については可能な限り対処いたします。

急を要する切迫した事態の場合は、下記にお問い合わせください。
・東京都獣医師会夜間診療ネットワーク:ホームページ http//www.tvma.or.jp
・TRVA夜間救急動物医療センター:TEL 03-5760-1212
ワンニャンドック(ペットドック)
高齢動物や長期治療、投薬中の健康チェックだけではなく、健康時のデータを取っておくことも病気になった時のために意味があります。触診、聴打診等の身体検査から、血液、血清検査各種、心電図検査、レントゲン検査、エコー検査、糞便検査、尿検査などを行ないます。また、オプションとして、アレルギー検査、腫瘍マーカー検査なども承っています。なお、期間限定で料金を変更しています。詳細についてはお問い合わせください。
2014年度から、膵リパーゼ検査とジアルジア検査を追加いたしました。
検診の御予約、お問い合わせに関しては、AM10:00〜PM6:00にお願いいたします。
2014年度の総合定期健診(ワンニャンドック)は、12月1日〜20日、2015年1月10日〜2月28日に実施いたします。
狂犬病実施機関に関する情報
【注射期間について】

2018年の世田谷区狂犬病予防注射月間は4/1から4/30です。
注射実施時間を9:00〜19:00に変更いたしました。 日曜日は10:00〜12:00まで実施しますが、完全予約制で前日までにご予約ください。
世田谷保健所から郵送されてきた用紙と注射料、済票料をお釣り銭のないようご用意ください。
予防注射月間以外の注射料が2018年より変更されますので、なるべく、予防月間内に注射を済ませてください。

【登録代行について】

また、昨年来、仔犬を飼われて、まだ登録の済んでいない方や、登録を忘れてしまっている方に関しては、注射接種時に、登録料、ならびにご記入いただいた登録用紙をお預かりできれば、5月半ばまでには登録の代行も行ない、鑑札をお渡しすることができます。
代行手数料等はいただいておりません。

オールインワン予防薬について

気候にもよりますが、4月半ばから5月にかけて、フィラリア予防の季節も到来しますので、狂犬病予防注射接種時に、別途採血を行ない、フィラリアの投薬前検査を行なうこともお勧めいたします。
オールインワン予防薬は、フィラリア、ノミ、ダニの予防は勿論、当院では毛包虫(アカラス)の治療にも功を奏しています。効能がい使用なので、患者さまの承諾を受けたうえでの治療であることは言うまでもありません。
アメリカで承認を受けているアドボケートというおクスリよりも治癒効果がありそうです。アカラスはもともと仔犬の半数に寄生しているといわれ、皮膚の免疫異常などが引き金になって発病すると言われています。全身性のアカラスは治癒率も悪いと言われています。嘔吐などの副作用報告もあるようですが、当院で処方したワンちゃんたちには、いまのところ副作用は認められていません。
フィラリア、ノミ、マダニの予防だけでなく、他のダニを中心とした予防薬としてオールインワンタイプの予防薬は、今年からでも、すぐに切り替えていただきたい予防薬として、当院では強くお勧めいたします。
高齢犬や投薬治療中の子は、同時に内臓機能等の血液検査も受けておくべきでしょう。
2016年から、ノミ、マダニ、フィラリア予防を一度にできる、オールインワンタイプの予防薬を使います。

猫の不妊去勢手術助成について

世田谷区と東京都獣医師会(世田谷支部)では協定を結び、飼い主のいない猫をなくすために「飼い猫の不妊、去勢手術費用助成」および「飼い主のいない猫の不妊、去勢手術費用助成」を行なっています。
保健所への申請が必要となりますので、所定の手続きをとってから、手術の予約をしてください。申請用紙は、病院にもございますのでお申し出ください。 また、猫の入院数には限りがございますので、一度に多頭数の手術を行なうことは不可能な場合がございます。
しょっちゅう外出しているネコちゃんには、他のネコちゃんにうつさないよう、手術時(できれば手術前)に、ノミの駆除を行なっていただきます。
この助成は、予算の関係で、頭数が限られています。
不妊、去勢の手術そのものに関しては、遠慮なくご質問ください。

マダニ、ノミ予防のお勧め(SFTS関連情報)

2013年1月に、山口県在住の方が、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で亡くなり、日本に生息するダニ(マダニの仲間で、イエダニとは異なります)の媒介によるものと報告され、ペットオーナーの間で、広く話題となりました。
2013年末までに、国内の感染者53名、死亡者21名が報告されていましたが、2017年5月末までに、2013年からの総感染者数250名、死亡者は53明に達しています。抗体を保有したダニ(ウイルス感染を受けたダニ)は、北海道でも発見されており、ほぼ日本全土にウイルスを保有したダニが存在したということになってしまいました。マダニからの感染ではなく、SFTSに感染したネコに咬まれたヒトが死亡し、コリネバクテリウムとともに人畜感染症として、再び注目を浴びています。
幸いにも、東京都では抗体保有マダニは発見されていませんが、時間の問題だと思われます。
お花見のシーズンで、外出の機会も増え、ワンちゃんのお散歩時間も長めになってくるので、マダニの予防は、しっかりと行なっておいた方がよいでしょう。
犬の感染報告はありませんが、犬などにもマダニの仲間は寄生しますので、間接的に感染源となることは否定できません。いたずらに恐れる必要はありませんが、以下の点にご注意ください(詳細は厚労省のHPを参照してください)
2016年から、ノミ、マダニ、フィラリア予防を一度にできる、オールインワンタイプの予防薬を扱います。オヤツタイプのおクスリなので、スポットタイプとは異なり、シャンプーも気にしないですみます。

  • 1. 春から秋にかけてのダニの活動時期には、むやみに山野に入らないこと
  • 2. 散歩から戻ったら、体表(眼、鼻、耳、肛門周囲、内股など)のチェックを行なうこと
  • 3. 散歩後に、目の細かい櫛をかけることも効果的
  • 4. マダニの防除剤(いわゆるノミ、マダニの予防薬)を使用することが、かなり効果的
  • 5. マットなどの敷物の、定期的な交換や洗濯
  • 6. もし、ダニがついてしまったら、無理に引き抜かず動物病院に相談すること

4月以降、暖かくなってくると、マダニやノミの活動期(特に5〜10月)に突入します。
安心のためにも、スポット剤などで、しっかりとマダニやノミを予防しましょう。 なお、ヒトに関してはスポット剤などはありませんので、帽子、薄手でも良いので長袖、長ズボンなどを着用し、マダニにかまれないようにすることが重要です。万が一、飼い主様がマダニにかまれた場合は、医師に相談してください。

人畜共通感染症について

最近、2年前に野良猫にエサを与えていた助成がコリネバクテリウムというジフテリアの仲間の細菌の感染症で死亡していたことが、ニュースで報じられています。
また、上記で情報提供しているSFTSでも、マダニに咬まれてではなく、感染したネコに咬まれてヒトが死亡した例が紹介されています。
動物からヒトに感染する人畜共通感染症は、たくさんあります。
代表的なのが狂犬病ですが、死亡率の高いSFTS、などのウイルス感染症(最近ではジステンパーも注目されています)、食中毒をおこすキャンピロバクターや、今回話題となったコリネバクテリウムなどの細菌感染症、 ヒトにうつる皮膚病の代表格としての白鱗菌(いわゆるミズムシ)などの真菌(カビ)感染症、抵抗力の弱い子供などに本来寄生しない回中やその仲間で魚に寄生するアニサキスなどの寄生中感染など、 例をあげれば、ここでは書ききれませんので、かかりつけの獣医師に相談、質問してください。

さて、コリネバクテリウムについてですが、基本的には、犬や猫でもいわゆる風邪のような症状をひきおこしますので、似たような症状を引き起こす感染症のワクチン接種を重症化を防ぐという意味でも健康時に行なっておくことがとても大切だと思います。
呼吸器以外でも、皮膚病や頸部リンバ節がはれたりすることも報告例があります。
次に、これはどのような感染症対策でも同じですが、動物をさわったあとは、かならず手を洗う、キスやなめられたらよく顔を洗うなど、接触による感染のリスクを最大限減らすことです。
さらに、当院では、トリマー、看護士には、飛沫、空気感染の防止のために、マスクの着用を義務付けています。診察室や入院室、トリミングルームには、飛沫、空気感染のリスクを減らすためにプラズマクラスター空気清浄機を設置しています。

同居している犬やネコが、くしゃみや鼻みず、咳(咳の場合は感染症以外にも原因がある)をしている場合は、濃密な接触を避けて、手洗いや洗顔、マスクなどの感染症対策をしたうえで、すみやかに、動物病院に相談すべきでしょう。
コリネバクテリウム感染症が強く疑われる場合は、鼻水やのどのサンプリングをして、細菌検査を行なうことが可能です。
ただし、検査機関へ依頼する外注となりますので、結果が出るまでにはある程度の時間を要します。
費用が高価なので、感染の疑いが強い場合と、患者さまの御要望があった場合に検査を実施いたします。
また、外注する検査機関では、同属のジフテリア菌との区別までは、できませんので、その場合はサンプルを保存し、厚労省に連絡することになります。
確定診断がついた場合、2週間程度の隔離入院(ほかの動物やヒトへの感染が広がることを考慮して)させて、上記抗生物質の投与を行ないます。

当院で感染症が強く疑われる動物を診察する際は、感染症以外の治療や診察を行なっている方を優先しますので、診察時間が最終近くになる場合があることをご了承ください。
まずは、お電話でご相談ください。 また、猫の不妊手術や預りに関しては、室内飼いのネコちゃんがいる場合、外飼い、あるいは頻繁に外出するネコの手術やお預かりは、お断り、あるいは延期させていただいております。

コリネバクテリウムには、動物用ワクチンはありません(ヒトの場合、同属のジフテリア菌のワクチンがあり、動物のコリネバクテリウムにも有効と言われています)。
有効な抗生物質(マクロライド系抗生物質など)はありますので、過度に恐れる必要はないと思います。

今は様々なインフルエンザを筆頭に、ヒトでも様々な風邪が流行りますので、医者に診察を受ける場合は、必ず動物を飼育している旨を伝えてください。
万が一、飼い主様からコリネバクテリウムが検出された場合は、当院にも速やかにご連絡ください。

最後に、このようなニュースが報じられると、安易に動物を捨ててしまうのが、日本人にありがちな傾向です。
それだけはしないよう、動物愛護の精神を忘れずに、コンパニオンアニマル(ペット)との共生をしていただきたいとせつに願います。

ジアルジア感染症について

最近は、仔犬のジアルジア感染症が増えているだけでなく、通常ジアルジアの駆除に使用する抗原虫剤に抵抗性を持つジアルジアが増えています。
先日も、当院で、一か月抗原駐剤を投与しても効果がなく、専門家の先生からご指導を受けて、別の薬剤投与で見事にスッキリと駆虫することができました。
仔犬を飼ったら、また、新しくワンチャン(里親など)をお家に迎えたら、すぐに、一般の便検査だけでなく、ジアルジア検査を行なうよう、お勧めいたします。

皮膚病、熱中症にご用心

梅雨になり高温多湿の日々が続くと、皮膚病が増えてきます。皮膚病の予防、治療には次のような方法が挙げられます。

1. シャンプー療法
1〜2週間に一度、皮膚病のタイプにあった薬浴を行ないます。
2. 外用薬の塗布
いわゆる「ぬりぐすり」を1日1〜2回病変部とその周囲に塗ります。
クスリによっては、長期使用により皮膚毒性を生じるものもありますから注意が必要です。
3. 内用薬の使用
皮膚病が全身に飛んでしまったり、膿皮症、皮膚真菌症などで使用します。
もちろん、このうちどれかひとつということではなく、皮膚の状況によっては、組み合わせた治療を行ないますので詳しくはご相談ください。
当院では、各種皮膚病に対応したシャンプー剤をご用意し、シャンプー療法に力を入れています。
更に、アトピー性皮膚炎が強く疑われる方には、サイクロスポリンというおクスリを処方しています。 また、減感作療法を行なうことも可能ですが、いずれにしても、アレルギーを起こす元が何かを特定することが必須条件と言えましょう。

〔熱中症にも注意しましょう〕
熱中症は、人間よりも、犬の方が起こりやすいと言われています。犬は体温調節のほとんどを呼吸にたより、汗をほとんどかけないからです。猛暑と涼しい日が交互に繰り返されたとき、窓の開け忘れや空調の入れ忘れ、人間の乳幼児と同じように車中の置き忘れ、これらのことで犬も熱中症になってしまいます。
このようなときは、あわてずに、まず体温を下げることを意識し、なるべく早く動物病院に連れて行き、適切な治療を受けるようにして ください。
地域密着型動物病院を目指しています

開院以来、もうすぐ60年を迎えます。院長自身も地元の小中学校の出身ということもあり、お声がかかった時は、次の世代に「命の尊さ」をうったえる教育活動の一部として、お手伝いをさせていただいています。山野小でのゲストティーチャーや1日体験、、砧中からのインタビュー、桜ケ丘中からの体験学習などなど、日々の診療を通してでのお付き合いだけでなく、地域のためにも貢献できるよう心がけています。
2014年9月から2016年2月にかけて、山野小学校で2年生(動物とのふれあい教室)、4年生(運動)、6年生(生命を守る)、飼育委員会(指導)の各授業のお手伝いをさせていただきました。少しでも、子供たちの将来に良い影響をもってもらえればと思います。 新人スタッフも山野小出身です。
獣医師会の事業として2年間の取り組みが好評だったため、2016年、2017年も、獣医師会の事業とは別に、山野小2年生5クラスにおきまして、〔どうぶつふれあい教室〕を実施いたしました。
直接動物にあれ、心臓の音を聞き、ひとりひとりが様々な感想を持ち、それが将来少しでも役に立ってくれればと思います。
一部、山野小のHPや世田谷区獣医師会のHPにもふれあい教室の様子が掲載されていますので、ご参照ください。
また、本年度も、昨年度に引き続き、獣医師会の事業として、松原小でも飼育委員会の指導、1,2年生のふれあい教室、6年のキャリア教育を担当実施しています。
2017年は、教育委員会に協力して、2017年5月に、総合グランドにて〔ふれあい教室〕を実施しています。
小学校で実施しているふれあい教室では、生徒に咬傷を含むけがや、感染症、アレルギー対策には、学校や父兄の皆さんと緊密な連絡を取り、 現場での手指の消毒、アレルギーの子供対策(マスクや手袋、目印の防止などの着用)等、事故を起こさないよう最大限の注意を払っています。 また、帰宅してからの体調についても、父兄の皆様に、注意をお願いしています。v

外耳炎でお困りの方に朗報

毎年外耳炎になり、しかもお耳を触らせてくれないようなワンちゃんに朗報です。1週間効果が持続し、2回の治療でほぼ治癒してしまう点耳薬です。
ただし、安易に使用するのではなく、オーナー様の都合でなかなか来院できない、ワンちゃんが自宅で点耳させてくれない、老齢で心配だなどの理由ががあって、はじめて選択すべきだと思っています。
費用も、一般の点耳薬とは比べ物になりません。さきの理由を考えれば当然のことでしょう。
それでも、お困りの方は、当院までご相談ください。

お車でご来院の方へ

最近、放置駐車の取り締まりが厳しくなっています。
病院の玄関前に車を止め、急患を搬送し、応急治療中に放置駐車違反をとられたこともあります。
ご来院の際は、病院の駐車場に止めていただくか、満車の場合、どなたかお一人が車中でお待ちいただくようお願いいたします。お一人でしかご来院できない場合は、病院の車を移動させますので、ご安心してご来院ください。

一部診療料金改定について

新型器具や新薬の導入、スタッフの増員などに伴って、2018年1月より一部の診療料金を変更させていただきます。
麻酔料、酸素料、検査料、内用薬、注射料、各種予防注射、オールインワン予防薬、などが該当します。
また、予防月間以外の狂犬病予防注射料も改定いたします。
詳細については、院長までお問い合わせください。
百合丘病院については、麻酔料と一部内用薬および注射月間以外の狂犬病予防注射料のみ変更いたします。

シャンプー、トリミング、ペットホテルについては従来通りで変更はございません。

求人情報

内定者決定のため、現在スタッフの募集は行なっていません。
スタッフに欠員がで次第、告知いたします。

本間動物病院
アクセスマップ
本間動物病院
〒157-0073
東京都世田谷区砧2-12-4
TEL.03-3417-2345(代)
本間動物病院
本間動物病院

Copyright (C) 2010 Honma Animal Hospital.  All Rights Reserved.